douchebags

  • ログイン
  • カートを見る
  • インフォメーション
  • Trip In Nature
  • Trip In Nature
  • Trip In Nature
  • Trip In Nature
  • MORE
  • Trip In Nature
  • Trip In Nature
  • Trip In Nature
  • Trip In Nature
STYLE S2020225

Trip In Nature

0円(税込)
↓10%
○在庫あり/ △残りわずか/ ×在庫なし

Detail商品詳細

「Trip In Nature」
札幌店スタッフの休日の過ごし方をご紹介します。
ここ北海道では、ライフスタイルとしてのスキー、スノーボードがあり、それをどのように感じているのかなどを写真を交えながら綴っていきます。

今回は第二回目。行く先は「スペイン」。
二回目にしていきなり北海道から飛び出して、海外へ。
スペインでスキーができるのかという疑問をお持ちの方も。
国内には複数のスキー場があり、標高が高い場所が多い。
また、スペインでのスキーの位置づけは競技というよりも、よりレジャー感覚に近い。
そんなスペインの中でも有数のスキーリゾート、「Baqueira/Beret」へ。
サイズ 「Baqueira/Beret」

スペインとフランスの国境近くに位置し、バルセロナ空港から車で約4時間。
ピレネー山脈に囲まれ、とても広大なスキーリゾート。
スキー場は4つのエリアに分かれており、何気なく滑っていると、迷ってしまうほど。
リフトも多く、Tバーなどもあり、スノーボーダーには少し厳しいところも。
スキー場の近くには宿泊施設も多く、スキーをするにはとても良い環境。
東京からバルセロナまでは、乗り継ぎを含めると約15~18時間のフライト。
航空会社によってはマドリードまでの直行便もあるようだが、
ヨーロッパの主要都市まで行き、バルセロナ行きの飛行機に乗り換えるのが一般的。
東京を夕方に出発し、バルセロナには朝に到着。
8時間の時差がある為、日付は翌日だが、フライト時間は長い。
バルセロナ空港はとてもきれいで広い。
ショップなども多く、ショッピングを楽しむ人も。

スタッフレビュー

Trip In Nature
Trip In Nature
  • 札幌
  • NEWS
2020/02/25
「Trip In Nature」
札幌店スタッフの休日の過ごし方をご紹介します。
ここ北海道では、ライフスタイルとしてのスキー、スノーボードがあり、それをどのように感じているのかなどを写真を交えながら綴っていきます。

今回は第二回目。行く先は「スペイン」。
二回目にしていきなり北海道から飛び出して、海外へ。
スペインでスキーができるのかという疑問をお持ちの方も。
国内には複数のスキー場があり、標高が高い場所が多い。
また、スペインでのスキーの位置づけは競技というよりも、よりレジャー感覚に近い。
そんなスペインの中でも有数のスキーリゾート、「Baqueira/Beret」へ。
「Baqueira/Beret」

スペインとフランスの国境近くに位置し、バルセロナ空港から車で約4時間。
ピレネー山脈に囲まれ、とても広大なスキーリゾート。
スキー場は4つのエリアに分かれており、何気なく滑っていると、迷ってしまうほど。
リフトも多く、Tバーなどもあり、スノーボーダーには少し厳しいところも。
スキー場の近くには宿泊施設も多く、スキーをするにはとても良い環境。
Trip In Nature
東京からバルセロナまでは、乗り継ぎを含めると約15~18時間のフライト。
航空会社によってはマドリードまでの直行便もあるようだが、
ヨーロッパの主要都市まで行き、バルセロナ行きの飛行機に乗り換えるのが一般的。
東京を夕方に出発し、バルセロナには朝に到着。
8時間の時差がある為、日付は翌日だが、フライト時間は長い。
バルセロナ空港はとてもきれいで広い。
ショップなども多く、ショッピングを楽しむ人も。
Trip In Nature
早速車に乗り込み、移動開始。
今回はタクシーを事前予約し、空港からスキー場へ。
金額は約€400ほど。
バルセロナ市内はもちろん雪は無く、4時間の車移動。
本当に滑れるのかという不安と、初めてのヨーロッパに興奮しながら、道中の景色を楽しむ。
この日はスキーをせずに観光を楽しもうという事で、まずはホテルにチェックイン。
ホテル周辺にはお土産屋などが少なく、車で30分ほどのところに「Viella」という小さな街があり、
そこへ移動する事に。金額はタクシーの往復で€60ほど。


宿泊ホテル:「AC Baqueira Ski Resort」
Trip In Nature
さすがのスキータウンといった街で、お土産屋やスキーウェアなどのショップも立ち並ぶ。
近くの建造物や、教会も古さと新しさが融合しており、とても良い雰囲気。
スキーのグッズを模したコップやマグネットなどが売られており、どれも物珍しく、
全て持って帰りたくなるほど。
帰りの荷物を考え買い物をほどほどに終えた後は、夕食を楽しむ事に。
本場スペインのバルへ。
どこへ行けばよいかわからないほど、たくさんのお店があったが、
雰囲気の良さそうなお店に入り、飲み物を注文。
写真のようなピンチョスがカウンターにずらりと並び、一つ€3ほど。
楊枝の本数でカウントされるあたり、日本の焼鳥屋のような感覚に。
お店で英語が通じない場合もあるので、少しでもスペイン語を覚えておくと便利。
「cerveza」ビール、「vino tinto」赤ワイン、「vino blanco」白ワイン、など。
カタルーニャ地方で現地の人に人気なのは、「cava」スパークリングワイン。
商品自由項目65
本日よりスキー開始!
ということで、早速リフト券を購入し、ゴンドラへ。
リフト券も比較的日本のスキー場と変わらず、6日間で€264。1日約¥5,300。
ゴンドラはスタンディングスタイルで、スキー場の中腹へ行き、
リフトを乗り継ぎ、バケイラエリアのトップへ。
商品自由項目67
滑りだすと、引き締まったバーンですぐオーバースピードに。
コース自体も広い為、スピード感覚に慣れるまで、時間がかかる。
この日は天気も良く、青空の下でスキーを楽しむ。
見えている斜面が全て滑走可能で、ツアーであればどこでも行けるとの事。
圧倒的なスケールに衝撃を受けつつ、数本の滑走後、ランチへ。
商品自由項目69
スキー場でもピンチョス!
レストハウスも小さなバルのようなもので、なかにはお酒を楽しむ人も。
基本的にはほとんどのレストハウスがこういったスタイルになっており、
食事も楽しむことが出来る。
肝心の味は、日本人に合う味付けでとても美味しい。
ここでも日本との違いに驚きつつ、ほっと一息。
商品自由項目71
異文化コミュニケーションも忘れずに。
6日間中全ての日程でアテンドしてくれたのが、中央のアンドレアさん。
夏はこのエリアでマウンテンバイクのガイドもしている彼は陽気で、ハードな斜面好き。
周りの方は、アンドレアさんの生徒さん。
滞在期間中の2日間をご一緒させていただく事に。
レッスンというよりも、一緒に楽しく滑っているといったスタイル。
覚えたてのスペイン語とおぼろげな英語でも、楽しく会話させていただき、
スキーヤーに国境はないと感じる瞬間。
そんな環境で6日間びっちりスキー。
まさに合宿のようなスケジュールで、雨の日も風の日もスキー三昧。
商品自由項目73
こんなに広いバーンも楽しめる、スキー場の懐の深さに感動。
ここはリフトトップから反対側へ降りたところ。
一番下まで滑ると帰りが厳しくなるが、この時は雪も緩んで、
最高な1本を堪能する事が出来た。
商品自由項目75
「Baquera/Beret」の全容。



様々なコンディションの中で、スキーを楽しむ6日間。
ここスペインでも、雪不足は深刻な様子。
でも無く、雪は少なくてもみんな楽しんでいる様子が伺えた。
ただ、例年にない異常気象なのは間違いない。
札幌でも、累積降雪量が平年より1mほど少ない。
スノースポーツを愛する人々であれば、この異変を直に感じるはず。
雪がなくなるのは悲しい。
今できる事をしていこう。
そのように感じたスキートリップであった。



PeakPerformance札幌
TEL:011-233-1505
山内
PAGE
TOP