Db

  • ログイン
  • カートを見る
  • インフォメーション
  • Vislight Pantsを徹底解剖。 PeakPerformanceのパンツ辞典 #2
  • Vislight Pantsを徹底解剖。 PeakPerformanceのパンツ辞典 #2
STYLE W20210715

Vislight Pantsを徹底解剖。 PeakPerformanceのパンツ辞典 #2

0円(税込)
○在庫あり/ △残りわずか/ ×在庫なし

Detail商品詳細

Online Storeがおくる PeakPerformanceのパンツ辞典。 
第二回は、ハイスペックなVislightシリーズから今期新登場したオールシーズン着用できる「Vislight Pants」。 
様々なアクティビティで「しっかりと使える」Vislight Pantsの魅力を紹介したいと思います。

blog

■G76703 Vislight Pants 20,900円(税込)

リサイクルナイロン 87% ポリウレタン13%
DWR加工を施した2Wayストレッチをメインファブリックに、切り替えした膝下は全く動きを制限しない4WAYストレッチを採用していて、ハードな動きや足まで水がかかるようなシチュエーションでは簡単に生地をたくし上げる事が出来ます。
デザインは一目でPeakPerformanceとわかるパターンとカラーリング。この中にたくさんの機能が詰まっています。

blog

まず目を引くのが取り外し可能なオレンジのストレッチベルト。バックルはマグネットで着脱でき引っ張る事で簡単にサイズを調整する事が出来ます。取り外しもでき他のパンツにも使う事が出来ます。

パンツのウエストにはゴムも入っていてベルトを使用しなくてもずり落ちてこないので、リラックス時に使用するために小さく、軽量にパッキングしたい際など、使うシーンによって素早く着脱できるのも嬉しい所です。

blog

パンツの裏側には「Water Repellent」(撥水)「Breathable」(通気、透湿性)「Packable」(小さくなる)の文字が。
カッティングのパターンが最小限になっていたり、バックポケットがなかったり、ウエストのベルトループがシンプルだったり、裾の4Way生地が特に薄手だったりと、しっかりと考えられてコンパクトになるようになっています。
質量は410gになっていますが、ベルトを含めた質量なので着用した感じは記載の質量よりかなり軽く感じます。

blog

アスリートやスタッフがクライミングやSUPなど様々なアクティビティでテストをしていますが、とても好評で愛用者も多いです。撥水性があり速乾性も高いので水のかかるSUPやカヤックなどにもおすすめです。

blog

画像左上:裾のドローコードは引っ張ると簡単に留まるようになっているのでアクティビティ時でもさっとたくし上げる事が出来ます。
画像左下:センターフライはフェイクになっていてカジュアルでも使用できるデザイン性とボタンやジッパーがない事での軽量化を両立しています。
画像右上:膝下のカッティングがとても精巧に出来ていて立体裁断が体にフィットするので突っ張る感じが全くありません。
画像右下:腰の裏部分にはハンガーループがついていて枝に引っ掛けて乾かす事なども出来ます。

blog

普段使いでもちょっとしたトレーニングや長距離を歩くとき、自転車での通勤などでも使うスタッフが多いです。裾のドローコードで色々なシルエットが作れるので色々なトップスにも合わせやすく、気軽に履く事が出来ます。

blog

メインファブリックは2Wayストレッチで肌触りがとてもよく、サラっとした生地感なので汗を書いてもドライな着心地です。裾から下の4Wayストレッチ素材はとても軽量で動きやすさにもつながっています。裾のカラーがグレーのため、汚れても見た目にはわからず、アクティビティ後の帰り道などに着用していても汚れを気にする必要がありません。

blog

レディース
■G75335 Vislight Utility Vest 20,900円(税込)
■G76614 W Vislight Pants 20,900円(税込)
■G76038 Vislight GTX Cap New Gen 6,600円(税込)

メンズ
■G75335 Vislight Utility Vest 20,900円(税込)
■G76703 Vislight Pants 20,900円(税込)
■G75841 Outdoor Sling Bag 9,900円(税込)

Visliget Vestとの相性も抜群です。

男女ともにアクティビティの強い味方になってくれるこのVislight Pant。ぜひ試してみてください。

スタッフレビュー

Vislight Pantsを徹底解剖。 PeakPerformanceのパンツ辞典 #2
Vislight Pantsを徹底解剖。 PeakPerformanceのパンツ辞典 #2
  • ONLINE
  • NEWS
  • 商品情報
2021/07/15
Online Storeがおくる PeakPerformanceのパンツ辞典。 
第二回は、ハイスペックなVislightシリーズから今期新登場したオールシーズン着用できる「Vislight Pants」。 
様々なアクティビティで「しっかりと使える」Vislight Pantsの魅力を紹介したいと思います。

blog

■G76703 Vislight Pants 20,900円(税込)

リサイクルナイロン 87% ポリウレタン13%
DWR加工を施した2Wayストレッチをメインファブリックに、切り替えした膝下は全く動きを制限しない4WAYストレッチを採用していて、ハードな動きや足まで水がかかるようなシチュエーションでは簡単に生地をたくし上げる事が出来ます。
デザインは一目でPeakPerformanceとわかるパターンとカラーリング。この中にたくさんの機能が詰まっています。

blog

まず目を引くのが取り外し可能なオレンジのストレッチベルト。バックルはマグネットで着脱でき引っ張る事で簡単にサイズを調整する事が出来ます。取り外しもでき他のパンツにも使う事が出来ます。

パンツのウエストにはゴムも入っていてベルトを使用しなくてもずり落ちてこないので、リラックス時に使用するために小さく、軽量にパッキングしたい際など、使うシーンによって素早く着脱できるのも嬉しい所です。

blog

パンツの裏側には「Water Repellent」(撥水)「Breathable」(通気、透湿性)「Packable」(小さくなる)の文字が。
カッティングのパターンが最小限になっていたり、バックポケットがなかったり、ウエストのベルトループがシンプルだったり、裾の4Way生地が特に薄手だったりと、しっかりと考えられてコンパクトになるようになっています。
質量は410gになっていますが、ベルトを含めた質量なので着用した感じは記載の質量よりかなり軽く感じます。

blog

アスリートやスタッフがクライミングやSUPなど様々なアクティビティでテストをしていますが、とても好評で愛用者も多いです。撥水性があり速乾性も高いので水のかかるSUPやカヤックなどにもおすすめです。

blog

画像左上:裾のドローコードは引っ張ると簡単に留まるようになっているのでアクティビティ時でもさっとたくし上げる事が出来ます。
画像左下:センターフライはフェイクになっていてカジュアルでも使用できるデザイン性とボタンやジッパーがない事での軽量化を両立しています。
画像右上:膝下のカッティングがとても精巧に出来ていて立体裁断が体にフィットするので突っ張る感じが全くありません。
画像右下:腰の裏部分にはハンガーループがついていて枝に引っ掛けて乾かす事なども出来ます。

blog

普段使いでもちょっとしたトレーニングや長距離を歩くとき、自転車での通勤などでも使うスタッフが多いです。裾のドローコードで色々なシルエットが作れるので色々なトップスにも合わせやすく、気軽に履く事が出来ます。

blog

メインファブリックは2Wayストレッチで肌触りがとてもよく、サラっとした生地感なので汗を書いてもドライな着心地です。裾から下の4Wayストレッチ素材はとても軽量で動きやすさにもつながっています。裾のカラーがグレーのため、汚れても見た目にはわからず、アクティビティ後の帰り道などに着用していても汚れを気にする必要がありません。

blog

レディース
■G75335 Vislight Utility Vest 20,900円(税込)
■G76614 W Vislight Pants 20,900円(税込)
■G76038 Vislight GTX Cap New Gen 6,600円(税込)

メンズ
■G75335 Vislight Utility Vest 20,900円(税込)
■G76703 Vislight Pants 20,900円(税込)
■G75841 Outdoor Sling Bag 9,900円(税込)

Visliget Vestとの相性も抜群です。

男女ともにアクティビティの強い味方になってくれるこのVislight Pant。ぜひ試してみてください。
PAGE
TOP